FC2ブログ
=終了しました。ご参加ありがとうございました=

意思疎通支援事業の現状と課題
      ~モデル要綱から見えてくるもの~

日 時:平成25年10月18日(金)・午後7時~
場 所:山梨県立聴覚障害者情報センター 会議室
参加費:全通研会員無料  非会員500円

 皆様、すでにご存じかと思いますが、平成25年度から聴覚障害者に関わる手話通訳・要約筆記派遣事業の名称がコミュニケーション支援事業から意思疎通支援事業に変わりました。
 では、この事業は名称が変わっただけでしょうか?
内容は?どうして変わることになったの?通訳の派遣可能範囲は?等々分からない事だらけです。
 今回は全通研会長の石川芳郎氏をお招きしての、国の示している派遣モデル要綱からこの事業の現状と課題を知り、大いに学びましょう!

                   山梨手話通訳問題研究会・設置班企画 学習会



スポンサーサイト



2013.10.10 Comment:0 | TrackBack:0